« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

MITSUBISHI A6M2b その78

Dsc04275

何度目かのパテ塗り

最中構造故、コクピットを入れる場合

ちょっと力加減間違えると

何度でも割れそう

コクピットを少し削るか?

Dsc04276

ハセガワのカウルは

外側の埃とはみ出た黒を少し削って

週末本塗装。

タミヤのカウルは、もう一度スジボリ直し

またもや新兵器を投入してみる。

Dsc04277

タミヤの主脚カバーはいよいよサフ塗りに進めそう

その前にもう一つの部品と接着してしまおう。

Dsc04274

鋳造表現塗料だそうだ

専用の筆で叩きつけると

鋳造が再現できるらしい

ヘッドカバーの結晶塗装とか表現できると良いな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

MITSUBISHI A6M2b その77

Dsc04263

プロペラの裏側とカウルの裏側に

フラットブラックを塗った

一つだけセミフラットブラックを塗ったが

区別がつかないww

マスキング方法を悩みぬいてから

プロペラの表は銀色にする

Dsc04265

照準器のガラスの1枚はフィルターがかかっているようなので

筆でクリアーオレンジを塗ってみた

Dsc04267

TAMIYAの機体にサフ塗ってチェックしたら

合わせ目にひびが入っている

Dsc04268

流し込み接着剤を塗って

圧着してみる。これで様子見だな

Dsc04269

こいつは生サフ筆で塗って様子見

これで押しピン痕消えると良いな

Dsc04270

こんなのパーティングラインなんて削るの嫌

押しピン痕も厄介な場所

どう仕上がるかとても不安

Dsc04266

今回から100円筆よりステップアップ

今までの筆は、溶きパテやドライブラシに活躍してもらおう

Dsc04262

限定品と言うのでとりあえず買っておいた新幹線カラー

きっとただのコレクションにしかならないと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

MITSUBISHI A6M2b その76

Dsc04255

洗浄の終わった部品にガイアノーツの

サーフェイサーエヴォシルバー吹きます

Dsc04256

薄く一回でいいな

プロペラの塗り分けどうやってマスキングしようかお悩み中

Dsc04257

タイヤとフィギアに溶きパテ

ちょっと薄めすぎたかな?

Dsc04258

2度目の瞬着

盛ったのですぐには乾かないよう

明日以降に削ろう

Dsc04260

主翼のパテが無事研磨できた。

洗ってからサフ塗ってみよう。

Dsc04259

最後にニッパーのメンテして

本日は終了♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのクラウドファウンディング

Dsc_1141

開発費に投資していたものが

完成して届いた♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

MITSUBISHI A6M2b その75

Dsc04252

押しピン痕が一度では消えなかった

明日もう一回瞬着からだな

タイヤはパーティングラインと金型の荒れが激しいので

溶きパテ塗るか

Dsc04253

で、洗浄して一部は塗装工程へ

とは言え、明日は雨予報 (-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

MITSUBISHI A6M2b その74

Dsc04249

今日も新兵器

ファンテックの超硬スクレーパータフ

ハンドルが共有できるのでこっちのタイプにした

Dsc04250

このようにして使う

先日のセラフィニッシャーとの使い分けで

切削が捗る♪

Dsc04251

ヒケは研磨でほぼ消えた

押しピン痕に瞬着盛ったので

明日もう一回削ろう

だがしかし、1940年代の飛行機を

ここまで平面出していいのかな?

当時の表面って結構凸凹なんじゃぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

MITSUBISHI A6M2b その73

Dsc04247

以前に買ってあったんですが、今回初投入

ゴッドハンドのFFボード

15mmに切ったペーパー貼り付けて使います。

硬いので一発で平面出ます。

番号書いておけば、貼っても区別つくよね

Dsc04248

とりあえずこんだけ磨いたら疲れたww

明日はさらに新兵器投入♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

MITSUBISHI A6M2b その72

Dsc04245

とりあえず、フィギアに0.7mmの真鍮線差し込んで足にしてみた

立たせるのに便利だし、塗るにも取っ手になるよね

Dsc04246

それと脚の部品

押しピン痕にヒケに金型の乱れなど

修正のオンパレードww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MITSUBISHI A6M2b その71

Dsc_1140

キリ折ったので予備含めて2本買いました

今回は首の太いやつ

が、一部これでは届かないところもあるので

普通のストレートのやつも買わなきゃな

Dsc04243

で、引き続き112本分の点火ケーブルの穴あけ

はい、1本折りましたww

予備買っといてよかったなぁ

週末にはエンジンも色入れです

Dsc04244

こんなのも切り出してみました

フィギアなんって30年ぶりか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

HONDA RA273 その3

Dsc_1138

またまたタミヤからのお届け物です

Dsc_1139

タイヤ一式入手しました

それと一応最新の組立説明書を

エッチングパーツの使い方や

ちょっと最新のデカール形状違うので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

MITSUBISHI A6M2b その70

Dsc04238

昨日はラピッド薄め液で砂吹き3回ほど

今日はレベリングシンナーで少しこってり目に1回

でもなぁ、この上からマスキングテープはリスク高い

どうやって仕上げようか?

Dsc04239

スジボリ堂のセラフィニッシャー

これでカンナ掛けすると合わせ目の仕上げが楽

Dsc04241

で、主翼の組み立てですが

ダボで合わせた結果上下のモールドがずれてしまった

下側のモールド埋めて、スジボリのし直し

Dsc04242

照準器に時間かかるし

エンジンはキリ折ったので先延ばしだし

なので、久しぶりに胴体と主翼のパテ削ってみた

こいつらは来週末サフ塗って合わせ目消しの確認

さぁ今週は何しようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

MITSUBISHI A6M2b その69

Dsc04233

カウルにサフ塗って研磨チェック

照準器は貼ったデカール保護の為に

クリアを砂吹き3回ほど

明日にはこってり塗ろうと思う。

Dsc04234

剥がれないことを祈っています。

余白が切りきれていないので少し大きいんですよね

Dsc04235

スジボリが乱れているのでやり直しかな?

納得いくまでやり直すしかないでしょう。

ハセガワのカウルはこのまま本塗装できそう

Dsc04236

パテ盛って数日乾燥させよう

完成まで1年かかりそうな悪寒ww

Dsc04237

左は穴を空け終わった

結局並べて開けるのは不可能そうなので

ワイヤーの取り回しで工夫しよう

なので1機42か所で2機84か所とした

が、84か所目でキリが折れた

予備が無いのでまた来週

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

MITSUBISHI A6M2b その68

Dsc04232

112本分の穴は224か所ww

右が穴あけ後

本日は28か所で集中力が切れた♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

MITSUBISHI A6M2b その67

Dsc04230

うーん、Lotusでさえ5か月で完成したというのに

こいつは6か月経ってなおインストレーションの1番をうろうろしている

まぁコクピットとエンジンが決まれば後は一気に進みそうなのだが

で、112本の点火ケーブルだが、

奥まったそんなにモールドもよくないエンジンに映えるのか?

有り無しで組んで比較するのもありか?

Dsc04231

しかもこいつ、この辺で塗り分けろとおっしゃる

しかも1mmもない部分に0.3mmの穴を二つ並べて開ける必要が

悩みながら今夜の作業は見送ってみたww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

MITSUBISHI A6M2b その66

Dsc04225

さて、タミヤの照準器

ハセガワに比べて枚数が足りない

なので、0.2mmの透明プラ板で足してみる

Dsc04227

ブレたのはすみませんが、枚数増えたのわかりますよね

さてと、照準リングどうしようか?

ハセガワのデカールこのためだけに取り寄せるの嫌だし

なんかそれっぽく見せられないかな?

Dsc04228

待ちの間にいよいよカウリング

タミヤは左右の最中構造

ハセガワは一体成型

どっちもどっちだな

研磨するのにモールド深くしておこうと

スジボリしてみたけど、すぐに曲がって傷つけてしまう

ガイドテープもなかなか難しい

こればかりは慣れ?

Dsc04229

で、カウルは洗浄&サフ工程なので

またまた間にエンジン

が、点火コード112本

そぉっとしまってみたww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

MITSUBISHI A6M2b その65

Dsc04216

昨日缶から移した半光沢のトップコート

一晩瓶の中でガス抜きして

少し溶剤を足してから塗った

艶調整のトップコートだから1度塗りでいいかな?

Dsc04217

昨晩の苦労の跡

小さいサイズのメータは諦めた

Dsc04220

自己満足だなぁ写真じゃよく分からない

ポンチのサイズ揃えれば、有効な作業かな?

Dsc04223

で、機銃つけてメータ周りの完成

と思いたいんだけど

Dsc04222

照準器の作業が途中

こんなデカールもういや

乾燥期間経て、クリアでコートして

さらに塗り分けなきゃ

Dsc04224

それ以外のコクピットは完成した

照準器次第だな

乾燥期間はいよいよカウリングだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HONDA RA273 その2

Dsc04221

中身確認したらタイヤもだめじゃん

カスタマーサービスに在庫の確認しなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お試し

Dsc04218

ソフト99の新製品

自動車用品ではなく、傘用品ww

Dsc04219

このように塗りたくって乾かすと

畳むときに一気に雨の雫が除去できるのだと

メインと折り畳みと車用の3本に施工したら無くなった

雨が降らないと試せないんだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

MITSUBISHI A6M2b その64

Dsc04214

せっかくの週末ですが、雪のため塗装ならず

まぁ準備もできてないんですけどね

Lotusを缶スプで仕上げようと色々買ってあったのですが

使い切っていなくてもったいないので

エアブラシで使いましょう。

Dsc04215

光沢クリアでコートしたので、丸くマスキングすれば

ガラスレンズが再現できるかと?

でも手持ちの一番小さいポンチでも

一番大きいレンズの大きさ

う~んまったく上手くいく気がしないww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

HONDA RA273 その1

Dsc_1132

またもやTAMIYAのアフターサービスです

問い合わせたところまだ在庫があるとかで

手に入るうちに買っておきました。

Dsc_1133

デカールとエッチングパーツとアルミのエアファンネルとメタリックシール

エッチングパーツが入った最近の再生産のものです。

当然手持ちのキットは何十年前のかわからないような当時物♪

ところが、版権の都合かレーサーの名前のデカールが見当たらない・・・

当時物で何とかするしかないのか?

いつ作るかは全くの未定ですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

MITSUBISHI A6M2b その63

Dsc04211

今日は少し濃いめに2回吹いた

なるべく表面がテロテロになるように

Dsc04212

十分乾燥させたら、メータ部分をマスキングチャレンジして

ガラス部分の艶感を残しながら

全体を半艶に仕上げる目論見

照準器はもう少し加工する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

MITSUBISHI A6M2b その62

Dsc04204

今日は小春日和♪

乾燥Maxだし、塗るにはいい日

20年以上は経っていると思われるクリア

薄めに溶いて砂吹きから

この間貼ったメータのデカールを保護します。

Dsc04205

7.7mm機銃はクレオスのサフで磨き傷を埋めながら

ガイアのエヴォのシルバーを一度塗り

Dsc04206

で、30年以上は経っていると思われる

黒鉄色を2回ほど

Dsc04207

あっここにもデカール貼ったんだっけ

Dsc04209

少しは透明になったでしょうか?

ここにデカール貼るんだぜww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »